SLOW STEP

kanaru21.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山( 70 )

皆で登る秋の久住山

6時起き6時半出発!
10分で牧の戸峠駐車場に到着
なんとか奥の舗装路に駐めれました

7時1分出発
急登を登りすぐの展望所へ
甥っ子は元気有り余ってさっさと行ってしまいます
姪っ子は登りが続くと父親に引っ張ってもらいドンドン進みます
b0035391_00002007.jpg
久住別れ手前の避難小屋にてトイレ休憩
今からバックに写る山にアタックします
ラストの岩ゴロゴロ登りでは姪っ子はさすがにバテててましたが、立派に登頂しました
予想に反して標準タイムで来れました
素晴らしい!
b0035391_00065694.jpg
まだ9時半なので人は少なめ
b0035391_00081641.jpg
b0035391_00083726.jpg
陽射しがなく景色を遮る雲もなく、快適な登山天気です
お菓子休憩して体が冷える前に下山開始
順調に歩を進め11時半に展望所へ戻ってきた
ここでランチとします
湯を沸かしてカップラーメンとおにぎり
下山後の飯は旨い!
病気も怪我もなく皆、無事に下山できました
お疲れ様でした

帰路は来た道のやまなみ経由〜湯布院インター〜東九州道となりました
疲れた子供達は車の中でほとんど寝てた…

甥っ子は富士山に 登りたいらしい




[PR]
by kanaru21 | 2017-09-24 23:54 | | Comments(0)

大雪山 旭岳 

おはようございます
今朝は5時起きで出発
大雪山旭岳ロープウェイ乗り場まで急ぎます
今日は午後から雨予報なので午前中に山を済ませるべく急ぐことになりました
約1時間弱で到着
6時半のロープウェイに乗れました
お客さんが少なく快適です
約10分で姿見駅に到着
まだ雲はなく旭岳がドーンと君臨してます

詳しくは以下のヤマレコにて

頂上に着いた途端に雨が降ってきました
b0035391_16210654.jpg
視界もなく強風で寒いのですぐに下山開始
標高を下げれば雨は止んでくるのかな、、、と思ってたらドンドン強くなっていった・・・
8合目あたりで上下雨具を着込むことに
すでに濡れてしまいましたが

ロープウェイ乗り場まで戻ってkouにフル着替えを持ってきてもらい総着替え
お陰で寒さから解放されました
今夜はこの濡れものをイレギュラーで洗濯することとなりました

旭岳をあとにして旭川へ向かいます
まずはランチ
北海道ならではの回転すしへ
b0035391_16262123.jpg
トリトンへ行ってみた
注文は目の前にいる職人さんが握ってくれます
この大トロサーモンが激ウマ
b0035391_16275298.jpg
ズワイガニの汁物
それでも2人で2,000円強でお腹いっぱい

なぜかラジ屋に寄らされ、まだ時間があるので小樽の石原裕次郎記念館に行くことに
今年で閉館になるらしいです
私はまったく興味ないので車で待機
見たかった西部警察の車がロビーにほとんどあって入館料払わなくてよかったとか
お陰ですぐに宿泊地の札幌に行くことができました
賑やかな市街地から徒歩15分くらい離れたところにしました
洗濯を仕込んで夕食は札幌ラーメンと決めてました
ホテルのすぐ隣に有名な店「狼スープ」があったので18時半くらいに行くと、”本日スープ売り切れ”の看板が無残に掲げられてた
ホテル到着時は開いてたのに・・・
急きょ作戦変更で徒歩ですすきの方面へ行くことに
b0035391_16353333.jpg
「ラーメン寶龍(ほうりゅう)」
北海道ミシュランに掲載された店だって
b0035391_16375248.jpg
とても美味しかったです
これで今回の北海道で食べたいものは食べつくしました
とても満足です


[PR]
by kanaru21 | 2017-07-31 21:03 | | Comments(0)

富士山 宝永火口

7月 忙しいです

7/4 台風一過、N-ONEを東京行きのフェリーに乗せました

7/7 九州大雨で朝から交通マヒ
九州北部豪雨という大災害となりました
予定では、バイクで仕事~定時仕事あがり~折尾駅より電車~小倉駅より新幹線~新富士駅~徒歩で富士駅ホテル
でしたが、大雨被害で折尾駅水没などJR鹿児島線運転見合わせとなり予定が狂った結果、、、
車で仕事~正午仕事早退~自宅に戻る~バスで小倉駅~新幹線~新富士駅~徒歩で富士駅ホテルとなりました
九州は七夕気分など味わえない悲惨な状況でした

予定通り宿泊地に到着後、明日のバス停の下見をしてホテルチェックイン
疲れきってすぐに寝付けなかった

7/8
富士駅8時30分のバスで富士宮口5合目へ向かいます
約3時間かけて到着
まだ富士宮ルート開通前なので協力金支払いはありませんでした
6合目の分岐から宝永火口方面へ向かいます
b0035391_20221457.jpg
すっぽり火口
植生があるのが不思議
これからの登りが苦労します
砂利道なので3歩進んでも1歩くらいずり落ちてる感覚でなかなか進みません
ここでは雲も通らず日差しが暑かった
b0035391_20225330.jpg
登ってきたルート
残念なことに持病勃発であわてて鎮痛剤を飲む辛さ・・・
ようやく馬の背という尾根へ到着
ここから富士山の頂が見えます
b0035391_20234791.jpg
ただ、お陰様でペースが悪く宝永山行は諦めざるをえませんでした
バスの時間が決まってなければ行けましたが、、、往復10分山頂へ向かうことができず悔いが残ります
b0035391_20242396.jpg
さらば宝永山

あとはひたすら御殿場ルートの大砂走りを下っていきます
b0035391_20254595.jpg
荷物運ぶブルトーザーと一緒でした

詳しくはヤマレコにて
無事に予定のバスで御殿場駅へ
ここから富士スピードウェイへ向かわなければなりません
もうバスがないのでレース関係者に迎えに来てもらいました
ホントにありがとうございます

そして1時間後にN-ONEレース予選が始まるのでした
結果は去年よりタイムダウンの21位
一番タイヤがおいしい周回でひっかかったらしい(言い訳だろ)
富士SWは盗難が多いのでピットを厳重に片づけて撤収
御殿場宿泊
奴のイビキで2度ほど目が覚め睡眠不足となりました
また明日。。。


[PR]
by kanaru21 | 2017-07-08 20:26 | | Comments(0)

今期2度目! 難所ヶ滝

2週間前に行った難所ヶ滝
職場の数名が行きたいとの要望でミニツアー組みました
総勢6名(内子供1名)
なんと3週連続の登山です(笑)

朝7時に我が家集合
2台に分乗して出発、8時過ぎに一本松公園駐車場到着
準備運動してスタート
b0035391_22203308.jpeg
皆さん、ドキドキワクワクな感じです

凍ってたらいいねぇと話しながら、ビギナーな方に合わせるべくこまめに休憩をとりつき進む
b0035391_22222642.jpeg
小つららでアイゼン装着
この日の為に購入してもらったので、役に立ってよかった

ゆっくり歩いて100分
大つらら到着
b0035391_22235505.jpeg
凍った滝を見せることができ、なんちゃってガイドの役割を果たせました
気温上がってるので溶けてました
b0035391_22265776.jpeg
何度来ても感動します
それにしても氷瀑に群がる人が多くて大変…
離合&撮影渋滞

途中ゆっくりめのオヤツタイムをとって無事下山できました
太宰府にある一風堂でラーメン打ち上げ
b0035391_22302483.jpeg
期間限定の味噌ラーメン
疲れた体にしみ渡ります

そのまま太宰府インターから九州道で帰路につきました
皆さまお疲れ様でした
また来年!?



[PR]
by kanaru21 | 2017-01-28 22:18 | | Comments(0)

白銀の久住山

昨夜の2時寝から地獄の7時起き
荷物を車に積み込み九重へGO

小石原では予想通り積雪チェーン規制
ちゃんとスタッドレス履いてきました
日田~九重まで高速のって、小国経由で行ってるつもりが湯坪経由というショックなオチ
距離的には近いですが、道路の除雪具合が心配で避けたつもりでした
お陰様ですっげー雪道を走ることになり、温泉街の先で急勾配で登れず迂回を余儀なくされる

正午くらいに牧ノ戸峠に無事到着
満車でしたので私だけ降りてkouには三愛高原まで降りてもらう
b0035391_23275010.jpg
詳しくは以下のヤマレコにて↓快晴、無風で最高の雪山日和
b0035391_23275651.jpg
久住山バックに

b0035391_23280255.jpg
凍った御池に座ってみる

b0035391_23280966.jpg
山頂は独占! 写真撮り放題

b0035391_23312091.jpg
下山時の避難小屋付近で遅いランチとコーヒータイム


前日に予約した宿「虎の湯」
トライアル会員だと割引受けれるリーズナブルな宿です
昼過ぎに温泉のポンプが1基壊れ露店風呂と個人風呂が利用できないと連絡あり
ここまで来て明日もスキーの予定あるので了承して泊まることに

17時過ぎにチェックインして大浴場に行くと、運よく一人独占状態でした
が、お湯がぬるい。 浴槽にお湯が出てない。。 シャワーもぬるい。。。 なぜ?
kouの男湯も同じ状態だったらしい

2度目の一番安い部屋
b0035391_23313216.jpg
奴のハゲ頭が光ってる(笑)

b0035391_23312694.jpg
私はロフトで奴は1階で寝る
前回同様、ロフトは暑かった・・・
クタクタで22時半就寝
明日はスキーの予定ですが、天気予報が怪しい


[PR]
by kanaru21 | 2017-01-21 23:07 | | Comments(0)
金曜日から邪魔者が居ません
今度こそ病気せずに自由気ままに満喫してやる!

いい感じに寒波がやってきた
これは3年ぶりの氷瀑に行くっきゃない!!

6時起きの6時半出発
今から登るであろう山々たち
b0035391_20442418.jpg
九州道を利用し須恵スマートICから20分ほどで一本松公園到着
まだ駐車場はガラガラです
だって朝日が出たばかり

さぁスタートです
b0035391_20443199.jpg
大つららにて。 超寒い
b0035391_22043043.jpeg

三郡山にて。 雪降ってる
b0035391_20444293.jpg
詳細は以下のヤマレコにて
久々のヤマ行で5時間以上ウロウロしてたら、けっこうダメージあります(笑)
ショウケ越え〜飯塚経由で帰宅
疲れた、、、


猫コーナー
木曜日の夜、侵入猫あり
b0035391_21552541.jpeg
子供猫2匹
ちくわハウスの上と横を占領し、主のちくわとカッポーが下のコンクリートで入れず警戒してました
相手が子猫だから遠慮したのでしょうか?
鬼のkouはホウキ振り回して子猫追っ払ってましたが…

防犯カメラに映るカッポーの足
b0035391_22000331.jpeg
さらにちくわの足も
b0035391_22001297.jpeg
相変わらず仲のよろしいこと
b0035391_22014793.jpeg


[PR]
by kanaru21 | 2017-01-15 20:40 | | Comments(0)

伊吹山 再び

7時より朝食
連休なのでお客さんが多い
7時半出発

車で40分くらいの伊吹山へ
前回が雲の中で景色がまったく拝めなかったので再度チャレンジです
でも今日中に帰宅したいので、時間節約で下山のみとなります

伊吹山ドライブウェイで山頂下にある駐車場へ
ここからちょっと登って、山頂から下山します

詳しくはヤマレコにて↓

まだ早い時間なので山頂のお客さんが少ない
b0035391_20405598.jpg
b0035391_20410149.jpg
とても優しい売店のおじさんが撮ってくれました
前回、バッチ買った店だ

あとはひたすら西へ走りますよ~
故障車渋滞7kmを広島空港あたりでくらいましたが、21時頃には無事帰宅完了です
さすがに猫たちは待ってませんでした



[PR]
by kanaru21 | 2016-10-10 22:36 | | Comments(0)

まったり高尾山

本日は曇天
予定通り高尾山へ連れてってもらうことに
電車で約1時間程で到着
b0035391_20402895.jpg
とても綺麗な駅です
観光客がたくさんいます
b0035391_20404087.jpg
もちろんリフトは使わず人力で登ります
前半が予想以上に勾配がきつく、息が上がります
一気に汗が吹き出した
b0035391_2040532.jpg
30分程で苦しい急坂は終わり、緩やかなアップダウンと平坦になります

正午頃に山頂到着! 標高599m
b0035391_23325828.jpeg
平日でけっこうな人の多さです
さすが東京の観光名所
ランチタイム
b0035391_23331323.jpeg
親切なYママが忙しい合間に作ってくれました
もちろん私は爆睡中zzz
ご馳走さまでした

曇って眺望も無いのでさっさと下山します
電車降りてマックでコーヒーフロート買って食べながら歩く幸福感
買い物して帰宅
本日の豪華夕食は、もんじゃ焼! ももちゃんリクエスト
b0035391_20412225.jpg
美味しくて1回目はももちゃんと2人で食べ尽くしてしまった
食後はクレープに発展し、デザートまで頂いた

お腹いっぱい、23時には就寝
痒みが治まってきて、やっとグッスリ寝れた…
やべー、明日は帰らなきゃ


[PR]
by kanaru21 | 2016-06-06 20:39 | | Comments(0)

リベンジ 谷川岳!

6/3
術後初の1人旅へ
北九州空港より21時の飛行機で羽田へ
今回は飛行機往復と1泊セットで3万円と格安をGET
宿泊ホテルのある蒲田到着が23時過ぎ
翌日の朝昼ご飯をコンビニへ買いに行ったりしてたら、寝たの1時過ぎ
明日の早起きに緊張してうまく寝付けず、睡眠は浅かった…

6/4
5時半起床
ホテルの無料朝食は食べれず出発
JR蒲田で昨日予約しておいた新幹線チケットを券売機で受け取り、品川経由で東京駅へ
無事に乗れました
往路は上越新幹線MAXときという2階建新幹線です
もちろん2階の自由席を選択しました
b0035391_23115530.jpeg
ホテルでもらったチョコラBBと朝食を済ませます

高崎でローカル上越線に乗換え水上駅へ
b0035391_19553321.jpg

ここで不要な荷物をロッカーへぶち込む(土産味噌あり)

バスとロープウェイの往復切符セットを購入します

4年ぶりに訪れた谷川岳ロープウェイ乗り場に到着
たしか2012年10月の紅葉時期でした
大人になって初めての本格的な登山挑戦がここ谷川岳
あの時に経験した苦しさと試練が山登りを始めたキッカケです
いつか天気のいい時に再度登ってみたいとずっと思ってました
そして目標が実現しそうです
急ぎ足でロープウェイに乗り込むと10分後には天神平
ここから登山開始
b0035391_23120506.jpeg
背後に見えるのが目指す谷川岳
双耳峰を制覇するのが目標です

登山客は少なくスムーズにいいペースで登れます
しかしアクシデント発生!
天狗の溜まり場手前で「ピッキーン!」右足ふくらはぎがつった!!
ちょっとした岩場で足を踏ん張って伸ばした際に動けなくなる
上げた左足を戻して右足を抱え、つま先捕まえて伸ばす
痛みが緩んだところでそろりそろりと動いてみる
数メートルでまたつりそうになる…
ちょっと休憩して念入りに足を伸ばす
結論から述べると、「つりそうになる〜止まって足を伸ばす」のくだりを今後10回くらい繰り返すことになる
そして天神ザンゲ岩手前でもう一度完全につりうずくまることになる
あーー恥ずかしい
右足かばってたら左足までつりそうになったので、お先真っ暗になりました
頂上を拝まずに引き返す悲劇がよぎった…

なるべく足を伸ばさないよう岩場は常に3点支持でゆっくり登る
まるでお年寄りのように
肩ノ小屋で休憩してバッチ購入
30分ほどロスしましたが念願の天気のいい谷川岳トマの耳
b0035391_23203641.jpeg
アクシデントあったので嬉しさ倍増

さらに前回行けなかった最高峰のオキの耳
b0035391_23380037.jpeg
意外にけっこう登り返します
モヤはありますが景色は360度文句無しです!
b0035391_23380936.jpeg
尾瀬にある至仏山も見えます
新潟の八海山など残雪まとって見えました
残念ながら富士山見えず

ロスった分ランチタイムを削ってパンを流し込んで帰路につきます
b0035391_23413198.jpeg
肩ノ小屋上部にある雪渓で滑って遊ぶ
あとはひたすら下山
遅い人が居て大渋滞となりました…
お陰様で乗りたかったバスを逃し1時間待つ羽目に

水上駅で荷物デポして高崎へ
ここで恵比寿までのチケットを購入(大宮まで新幹線)
b0035391_23432930.jpeg
復路は北陸新幹線E7系。 カッコイイ

詳しくは以下ヤマレコにて
ヤマレコ 谷川岳
19時半くらいにYさんに迎えに来てもらい無事に辿り着いた
風呂を済ませると次のアクシデントが発覚

b0035391_20281214.jpg

b0035391_2028217.jpg

この2カ所が猛烈に痒い!
この痛痒い症状は紛れもなく石鎚山の時と同じ
そう!「ブヨ」刺されです
幸いに右頬は軽度でしたが、この日の夜は2度痒みで目が覚めるのでした…
気が狂いそうなくらい痒いんです
でも前回より数が少ないので我慢できました

明日は新宿をブラブラします
痒いんだろうなぁー


[PR]
by kanaru21 | 2016-06-04 22:59 | | Comments(0)

GW遠征 三瓶山

本日は天気いいので山へ
昨夜はバカのイビキで何度も目が覚めた。殺意を覚えた、、、

7時過ぎ朝食、8時過ぎ出発
1時間ちょっとで三瓶山東の原に到着
去年12月以来のまともな山登り
入院以後、体力と筋力が落ちてること間違いない

三瓶山の縦走にチャレンジ!
b0035391_20360078.jpeg
1時間節約の為リフトを往復利用します

女三瓶〜男三瓶〜子三瓶〜孫三瓶と右回りに縦走
b0035391_20391374.jpeg
予想以上にアップダウンがあり、運動不足な体が悲鳴をあげます
詳しくはヤマレコにて↓

松江道を南下して福山で宿泊
先日、四国での帰りに利用した夕食付きプラン
b0035391_20430744.jpeg
今回のメインはローストチキンでした
相変わらずのおかず豊富で腹一杯!

明日は早朝から倉敷へ


[PR]
by kanaru21 | 2016-04-30 20:43 | | Comments(0)

気が向いたときに書く  ”おぼえ書き”


by kanaru21